一生に何度も経験できない家づくり、失敗はしたくないですよね。ほとんどの方が初めての経験となり何をどう決めていいのか分からないのではないでしょうか。まずは自分がどの構造・工法の家にしたらいいのか、その構造・工法で自分の理想の家が建つのか考えてみませんか?

木造住宅

木造住宅と言っても昔からある軸組み工法(在来工法)と外国から入ってきたツーバイフォー(2×4)があります。それぞれ特徴があり、メリットとデメリットを知ることは家づくりの第一歩です。思い描いている家はこの構造・工法で建てられるのか、デメリットをどう改善したらいいのか、良いマイホームを建てるためにぜひ参考にしてください。

木造軸組み工法のメリット・デメリット

木造軸組み工法は在来工法とも呼ばれ、柱や梁で骨組みを作り屋根を載せ、そこに壁や筋交いなどを組み合わせてつくり上げる工法です。日本の古来よりの伝統的な建て方の影響を受け少しずつ変化を重ね、今でも進化…

Read More

木造ツーバイフォー(2×4)のメリット・デメリット

そもそも、木造ツーバイフォー構法とは19世紀に北米で発展した建築構法です。日本においては枠組壁工法と呼ばれます。主に、縦材を2層ごとに設計するバルーン構法や、現在主流となっている1層ごとに縦材を設…

Read More

鉄骨造りと鉄筋コンクリート造りの住宅

木造住宅以外にも鉄骨造りや鉄筋コンクリート造りがあります。耐震や間取りの自由さは構造・工法で違ってきますし、木造住宅より優れた点も、劣る点もあります。鉄骨造りと鉄筋コンクリート造りに合う間取りなどそれぞれのポイントをお伝えしますので、理想の家を建てるために参考にして頂けたらと思います。

鉄骨造りのメリット・デメリット

日本で一戸建てを建てる時、基本的には木造になります。日本に木材が豊富にあり、木材の品質も非常に高いです。燃えやすいイメージがありますが、燃焼しにくいタイプなどもあります。ただ、地震の多い国なのでそ…

Read More

鉄筋コンクリート造り(RC造)のメリット・デメリット

RC造を選ぶメリットは安心して住めるということです。丈夫なのがRC造の取り柄であり、外部からの物理的な力に対しては他の造りに比べてかなり高い耐久性を示します。地震が来たときにもある程度であれば耐え…

Read More

鉄骨造りと鉄筋コンクリート造りはこんな家を建てたい人におすすめ

鉄骨造りと鉄筋コンクリート造りの住宅は、機能性の高い家に住みたいと考えている人におすすめです。鉄筋とコンクリートで作られた住宅は、木造住宅と比較すると、かなり耐久性に優れています。木造住宅は結合部…

Read More

予算が限られている人におすすめのローコスト住宅

ローコスト住宅とは比較的安く購入することができる住宅のことで、材料費や人件費、広告費などを抑えて建てられています。

木造軸組み工法と木造2×4はこんな家を建てたい人におすすめ!

間取りにこだわりたい人におすすめ、木造軸組み工法

木造軸組み工法は古くから伝わる日本の伝統工法のため、日本の気候や風土に合っている工法です。あらゆるところに木材を使用しており、木のぬくもりを感じる為にあえて柱や梁を見せる場合もあります。柱で建物を支えるため部分的に壁を抜くことも可能で、設計の自由度が高いのが特徴です。そのために変形している敷地でもそれに合わせた住宅をつくる事が可能となります。大きな窓もつくりやすく、リフォームで間取りを変えたり増築する事が容易です。木造軸組み工法は木のぬくもりを生かした昔ながらの家を建てたい人、窓を大きくしたり壁の位置を自由に変えて間取りにこだわりたい人、将来家族構成が大きく変わる予定があり、増改築を行うであろう人に向いています。また、土地に合わせて住宅を建築したい人には木造軸組み工法はがおすすめです。

耐震性をとるなら2×4工法

2×4工法はアメリカ生まれの建築工法で、2×4インチの角材を使用するためにこの様に呼ばれています。角材で枠を作りそれに構造用合板を張り付けてパネル状にし、組み立てるという枠組み工法となります。既製サイズの物を使用するために高度な技術を必要とせず、一定の品質が得られ、工期が短いのが特徴です。このため建て替えなどで早く家を建てたい人に向いていると言えるでしょう。そして壁パネルそのものを耐震壁とし、壁の配置や窓の大きさを制限する事で地震に強い家となっています。また、壁パネルで箱を作るこの工法は隙間が少なく断熱性、気密性に優れた家となります。2×4工法は将来増改築の予定がなく、間取りよりも耐震性や断熱性、気密性などの性能にこだわりたい人におすすめの工法です。

© Copyright Flexibility Construction. All Rights Reserved.