木造軸組み工法のメリット・デメリット

木造軸組み工法の特徴

木造軸組み工法は在来工法とも呼ばれ、柱や梁で骨組みを作り屋根を載せ、そこに壁や筋交いなどを組み合わせてつくり上げる工法です。日本の古来よりの伝統的な建て方の影響を受け少しずつ変化を重ね、今でも進化途中の工法です。神社やお寺を見ても分かるように昔は釘などを使わず、太い木材を使う事で頑丈な建物を建てていました。戦後筋交いが入れられるようになり、太い木材を使わなくても強度を持たせることが可能になりました。今では接合部に金物を使ったり、それぞれの住宅会社独自の方法で強度を増す工夫がされています。現場で組み合わせるため、工期は2階建ての標準の大きさでおよそ4~6か月で、施工会社の経験や大工の腕が住宅の出来栄えに左右する工法です。

メリットと改善されつつあるデメリット

木造軸組み工法は日本の気候や風土に合っていて、木の温かみを感じられます。柱や梁で住宅を支えるために間仕切りなどの壁を自由に設置でき、開口を大きく取れる事で開放的な住宅をつくれることもメリットの一つですです。また、建築後にも壁を取り除きやすく、リフォームや増改築が容易になっています。ただ木造軸組み工法でも、施工会社によっては耐力壁を設置しているところもあるので、図面で取り除いてもよい壁を確認する事は必要です。木造の中でも耐震性が劣るのはデメリットですが、接合部の強度をあげたり外壁面のみパネル工法を採用する住宅会社もあり、地震に強い家づくりに努めています。大工の腕に左右される出来栄えも、柱や梁をあらかじめ加工しておくプレカット工法を採用する会社の増加とともに、安定した品質が得られるようになってきています。

© Copyright Flexibility Construction. All Rights Reserved.