鉄筋コンクリート造り(RC造)のメリット・デメリット

RC造なら丈夫で安心

RC造を選ぶメリットは安心して住めるということです。丈夫なのがRC造の取り柄であり、外部からの物理的な力に対しては他の造りに比べてかなり高い耐久性を示します。地震が来たときにもある程度であれば耐えられるので、耐震性が気になるという人にはうってつけの造りです。また、基本的には燃えない素材なので耐火性も高くて火事の際にも建物自体が燃えて崩れ落ちてしまうようなリスクがあまりありません。この他にも防音性が高いなど、生活しやすい要素がたくさん詰まっているのがRC造の魅力です。住宅に使用する素材や壁などの厚さによっても機能には違いが生じますが、概して丈夫で安心できる住まいを手に入れられると考えると良いでしょう。

RC造は地盤と断熱に注意

RC造もメリットばかりというわけではなく、デメリットも有ることは念頭に置いて建てる必要があります。RC造は丈夫ではあるものの、素材としては重いコンクリートと鉄骨を使うので建物全体の重量が問題になることがあるのがデメリットです。地盤がしっかりとしているところに建てないと地盤沈下を起こすリスクがあります。基礎工事を徹底して行うことが必要なので、建築の際には確認を十分に行いましょう。また、熱伝導性が良い素材なので外気との熱のやり取りは簡単に起こります。断熱材を壁や床、屋根などに入れておかないと冷暖房の効率が下がるので注意が必要です。このような点に気をつけて建築すればRC造は安心して住めるようになります。

© Copyright Flexibility Construction. All Rights Reserved.